京都市「みやはた鍼灸整骨院」スタッフブログ

みやはた鍼灸整骨院は、京都市内で1999年に開院した外反母趾治療・陸上スポーツ障害治療が得意の鍼灸接骨院。みやはた鍼灸整骨院公式スタッフブログでは、スタッフの日常や気付き、発見、想いを綴っています。

(京都市)みやはた鍼灸整骨院のスタッフブログです。日々の発見、気付き、日々の日常を綴っています。よろしくお願いします。

股関節の可動域を広げましょう

f:id:miyahata-staff:20210105162121j:plain

こんにちは。今回は「股関節の可動域を広げましょう」というタイトルの記事を書いていきます。

腰痛でお困りの方向けに書いているので腰痛でお困りの方は最後までご覧ください。

 

腰痛の方がなぜ股関節の可動域を上げないといけないかというと、股関節の可動域が狭くなっているがゆえに腰に負担がかかりすぎ結果腰痛になるからです。

腰痛の85%は原因不明と言われていますが、そもそも腰自体に原因がないことも多いのでこのような数字になっているのではないのかなと個人的に感じます。

 

さて腰痛の原因になっている1つ股関節の可動域の狭さはどのように広げるのか?

それは「お尻のストレッチ」「内転筋のストレッチ」をすることにより股関節の可動域は上がります。

お尻の筋肉や内転筋は股関節を形成する大腿骨という骨につきます。

お尻の筋肉や内転筋が固くなると股関節の可動域が狭くなり、腰に負担がかかりすぎ骨盤の後傾又は前傾を引き起こし腰痛となります。

 

自宅で簡単にできるストレッチの動画を張っておくので興味のある方は是非ご自宅でやってみてください。

© 2010-2022 京都市みやはた鍼灸整骨院公式スタッフブログ